ミナモ運動活動レポート

おもてなし活動団体大交流会が開催されました!【ミナモ運動】

7月9日(日曜日)に、長良川国際会議場で「ぎふ清流国体・ぎふ清流大会 おもてなし活動団体大交流会」が開催されました!

 

 

この交流会は、両大会に向けて地域ぐるみでおもてなし活動に取り組んでいる各種団体が一堂に会して活動事例の発表や団体間の交流、おもてなし宣言を行うことで、おもてなし活動の一層の盛り上げを図るとともに、地域の絆づくりにつなげるということを目的に開催されました。

 

まず始めに、ミナモ・エナジークラブ、長良川もてなし隊、ミナモのお宿池田の民泊の皆さんが活動事例の発表を行いました。発表をおこなった長良川もてなし隊の皆さんは、「自分たちが両大会のために何ができるか考えたとき、個人ではできないことも、もてなし隊の隊員みんなで知恵を出し合い、おもてなしを形にしていきたい」と発表されました。

 

 長良川もてなし隊による活動事例発表

 

この他に、おもてなしパネル展やパネルディスカッションが行われました。

 

おもてなし活動パネル展の様子

 

パネルディスカッションの様子

 

交流会の最後には、大垣市連合婦人会の竹中昌子会長が「おもてなし宣言」を読み上げ、参加者全員で「ガンバロー!三唱」を行いました。

 

参加者全員でガンバロー!三唱

「県内の色んな団体の皆さんが、それぞれの得意分野や地域の特色をいかしおもてなし活動をして頂いてありがとうございます。間近に迫る両大会に向け、ますます盛り上げていきましょう!」