ミナモ運動活動レポート

阿木高等学校が中津川市に推奨花の苗を提供しました【ミナモ運動】

 農業を学ぶことができる県内の高等学校7校(岐阜農林高校、大垣養老高校、郡上高校、加茂農林高校、恵那農業高校、阿木高校、飛騨高山高校)と国際園芸アカデミーでは、両大会推奨花の苗を栽培し、市町村に提供して花かざり運動を盛り上げています。

 この日(7月3日)、阿木高校から中津川市に苗の受け渡しが行われました(写真)。

 丹精込めて栽培された苗は、市内の幼稚園、保育園、小中学校、花かざりをするボランティア団体などでプランターに植え替えられ、国体開催まで育てられます。

 

 他の農業高校の苗も、7月上旬に次々と市町村に受け渡されます。

 

 「今から、地域のみんなで育てた花が会場にかざられるのが楽しみです。暑さに負けず、水やりがんばって!」

 

推奨花苗の受け渡し