ミナモ運動活動レポート

高山市 中山保育園の皆さんが推奨花の花飾りを行いました!【ミナモ運動】

6月28日(木曜日)に、高山市内の飛騨総合庁舎でぎふ清流国体・ぎふ清流大会の推奨花を使った花飾りが行われました!

この日は、同市内の中山保育園の園児32名のお手伝いのもと、「飛騨圏域ぎふ清流国体推進プロジェクトチーム」の皆さんが、サルビアやニチニチソウ、マリーゴールドの花の苗をプランターに植え替えました。

 

 

 

「飛騨圏域ぎふ清流国体推進プロジェクトチーム」とは、飛騨圏域の9つの現地機関の若手職員で構成され、計22名の皆さんが国体の気運を高めるための様々な取り組みを企画・実施することとしています。

 

この日お手伝いしてくれた保育園の皆さんも一苗一苗丁寧に植え替えをしてくれました。

 

 

植えられたプランターは、今後飛騨総合庁舎や下呂総合庁舎、中山保育園に飾られる予定です。