ミナモ運動活動レポート

海津市 海津明誠高校と大垣工業高校の皆さんがミナモのお弁当を作りました!【ミナモ運動】

県立海津明誠高等学校 生活福祉科3年生の皆さんがミナモをイメージしたお弁当を製作しました!

 

 海津明誠高校では、高齢者宅への配食サービス(通称ディナーサービス)を行い、地域の高齢者のお宅へ高校生手作りのお弁当を年に3回届けています。

 

 

 

今回はぎふ清流国体のPRを地域の皆さんにしたいということから、ミナモをイメージしたお弁当を作ることとしました。そして今回製作されたお弁当はコチラ!!ごはんにふりかけのゆかりをかけて上手にミナモを表現しています。

 

海津明誠高校 生活福祉科 手作りのお弁当

 

今回ご飯をミナモの形にしたいという海津明誠高校の生徒の発案から、ミナモの顔の型抜きが必要となったところ、大垣工業高等学校の機械科の皆さんがミナモの型抜きの製作を引き受けてくださり、ミナモ型のご飯が実現しました。

 

大垣工業高校 機械科製作の型抜き

 

 ミナモをとおして、両校がコラボレーションしたこちらのお弁当は、地域の高齢者に配食されました。お弁当の説明をし、ぎふ清流国体・ぎふ清流大会が開催されることやミナモの話などで、地域の高齢者と会話を楽しむことができました。

 

配食される様子

 

「ミナモを通して、海津明誠高校の皆さんと大垣工業高校の皆さんが交流してくださるなんて、素晴らしいですね!皆さんの温かい気持ちのこもったお弁当で地域の方々も喜んでくれたことでしょう。このように両大会を通して地域の皆さんとの交流をますます深めていきましょう!」