ミナモ運動活動レポート

岐阜市 長良川もてなし隊が発足しました!【ミナモ運動】

1月22日(日曜日)に、長良川スポーツプラザで「長良川もてなし隊」の発足式が行われました。

 

 

こちらのもてなし隊の構成員である住民の皆さんが在住する、岐阜市の長良西地区をはじめとした長良、長良東、早田、鷺山地区は、ぎふ清流国体・ぎふ清流大会の総合開・閉会式会場に県内で一番近く、また、最も多くのお客様が訪れると思われます。地域が一丸となっておもてなしや応援をすることで両大会を盛り上げるには、早くから地域で出来ることを皆で考え実行することが必要であり、更に将来的な地域づくりも見据えて、「長良川もてなし隊」を発足しました。

 

 

「もてなしの鍵を握るのは地域活動であり、地域の住民が気持ちを一つにして前向きに取り組むことが、地域に多くのものを残す」という理念の元、この日は地元住民約130人が集まりました。

 

 

今後は、広報活動として、歓迎塔の設置やもてなし隊のシールの製作、環境整備活動として、花壇の設置や、地域マップなどの製作、もてなし活動として平日も競技を見に行くことなどを実施する予定です。

 

 

長良地区で飲食店を経営されている岩崎さん夫妻は、「長良に引っ越してきて約10年経ち、今年でお店も開店10周年を迎えました。お世話になったこの土地のために、地域活性化に貢献したいと思ったのでもてなし隊に参加することにしました」と話してくれました。

 

今後は、自主的に各自ができることから提案していき、地域全体で運動を展開していきます。