ミナモ運動活動レポート

大垣市 小野幼稚園手作り交流会で折り紙ミナモを作りました!【ミナモ運動】

1月13日(金曜日)に大垣市立小野(この)幼稚園で親子で手作り交流会「ミナモと一緒に親子で折り紙をしよう!」が開催され、りす組とぞう組の園児とその保護者合わせて約90人が、ぎふ清流国体・ぎふ清流大会を身近に感じることができるようにと親子でミナモダンスを行い、また折り紙でミナモを製作しました。

 

まず始めに、ミナモダンスで体をほぐします。いつもは幼稚園のお友達と踊るミナモダンスも、今日はお母さんやお父さん、おばあちゃんと踊り、楽しさも倍増です。

 

 

 

次に、折り紙を使ってミナモを製作していきます。

この折り紙ミナモは大垣市を拠点に活動される折り紙愛好家 清水恵美子さんが考案したもので、水色と黄色の折り紙を使用して製作できます。(折り紙ミナモの製作方法はこちら

 

 

 

先生の説明を聞きながら、お母さんやお父さん、おばあちゃんと一緒に折っていきます。

 

 

 

 

 

 お母さんと一緒に参加した、さいとうあんなちゃん(6才)、かれんちゃん(6才)、なぎさちゃん(2才)の3姉妹は「折るのは大変だったけど、かわいいミナモが出来て嬉しい」と話してくれました。

 また、おばあちゃんと参加したきりやまりょうくん(6才)は、「ほとんど自分で折ることが出来ました。家に帰って弟や家族にも教えてあげたい」と話してくれました。

 

  

 

今日作られた折り紙ミナモは、1つは1月18日(水曜日)から2月2日(木曜日)の間大垣市情報工房に展示され、1つは大垣市実行委員会に寄贈されます。

 

ミナモ「ぎふ清流国体・ぎふ清流大会やミナモについて慣れ親しんでもらえたかな?おうちに帰って家族のみんなやお友達にも作り方を教えてあげよう!」