ミナモ運動活動レポート

スケート会場周辺に応援旗が立てられました【ミナモ運動】

 冬季大会スピードスケート競技まで20日を切った1月10日(火曜日)、会場となるクリスタルパーク恵那スケート場周辺に、応援旗(地元小中学生による手書きののぼり旗)が立てられました。

のぼり旗が立てられた様子

 これは、恵那市西部地区振興対策協議会、同市弓道連盟の方々の協力により実施されました。

 

東北地方の応援旗

 スピードスケート競技をPRするのぼり旗に応援・歓迎のメッセージが書かれています。

 

のぼり旗を立てるための杭を打ち込んでいるところ

 のぼり旗を固定するための鉄杭を打ち込むのは大変な作業です。

 

プランターに花苗を植えこんでいるところ

 併せて、設置するプランターに花苗も植えこまれました。さらに、この後会場周辺のゴミ拾いもしてお迎えする準備を整えました。

 

 スピードスケート競技は1月28日(土曜日)からです。恵那市の盛り上がりが全県内に広がっていくことでしょう。