ミナモ運動活動レポート

垂井町 ミナモの記念グッズが届きました!【ミナモ運動】

ぎふ清流国体推進局に、ツバキとミナモのかわいらしい記念グッズが届きました!

 

ミナモとツバキ

 

こちらの記念グッズを届けてくれたのは、垂井町府中地区の谷口さんで、谷口さんの仲間7名と一緒に手作りされたものだそうです。

 

布で製作されたミナモの手芸品の他に、垂井町の花である「ツバキ」を毛糸で編み、心温まる作品が、かわいいミナモのバスケットに入れられています。

 

府中地区の7人は、昭和40年に開催された岐阜国体でも、ボランティアや競技委員として活躍されていたようで、前回大会の興奮を思い出し、是非、来年開催されるぎふ清流国体・ぎふ清流大会も支えたいという思いで製作に至ったようです。

 

こちらの記念グッズは今年9月から約150個製作し、来年垂井町で開催される軟式野球競技の選手に配られる予定です。

 

ミナモ「おもてなしをする人にとっても、おもてなしをうける人にとっても、心温まる取り組みって本当に素敵だね。その想いはきっと選手にも届くよ。地域の皆さんと一緒に両大会を成功させましょう!」