ミナモ運動活動レポート

山県市 アルちゃんズの皆さんがポケットティッシュの袋を制作中!【ミナモ運動】

11月10日(木曜日)に、山県市の市民ボランティアに登録されている”アルちゃんズ”の皆さんが、選手・監督に向けたおもてなしの一つとして、ポケットティッシュの袋を制作しました!

 

”アルちゃんズ”とは、普段はコーラスを通して仲間と交流している皆さんですが、ぎふ清流国体・ぎふ清流大会に何か協力できることはないかと考え、山県市の市民ボランティア(職人ボランティア)に登録されたそうです。

 

皆さんで作業開始!

 

アルちゃんズのお母さんたちが、布を持ち寄り、山県市に見える選手・監督のお土産として、1,200個のポケットティッシュの袋を制作していきます。

表には、山県市開催競技の馬術とバレー、そして山県市のキキョウミナモがプリントされています。

この日は、アルちゃんズのメンバーが集まり応援メッセージを書く人、メッセージとポケットティッシュの袋をアクリルの袋に詰める人手分けして作業をしていきました。

 

手書きのメッセージも添えます

 

メッセージを添えることで更にぬくもりを増したおもてなし!選手・監督に喜ばれる姿が楽しみです。

 

最後にみんなで記念撮影!

 

アルちゃんズの皆さん

 

 

また、山県市では12月3日(土曜日)に、1年前イベントを開催します!

詳細はコチラ

 

ミナモ 「わぁ!ポケットティッシュの袋もメッセージカードもかわいいね!こんなにあたたかいおもてなし、選手のみなさんも喜ぶよ!アルちゃんズの皆さんのコーラスも聞いてみたいな。もっともっとぎふ清流国体・ぎふ清流大会を盛り上げていきましょう!」