ミナモ運動活動レポート

高山市 冬季競技会の盛り上がり【ミナモ運動】

 平成24年2月にスキー競技(クロスカントリー、スペシャルジャンプ、コンバインド)が開催される高山市朝日町(旧朝日村)。同所では地域おこし協力員が編集する朝日町広報誌の「あさひの絆」が発行されていますが、その10月号で冬季競技会について書かれています。

 

 先日の、ぎふ清流国体・ぎふ清流大会一年前セレモニーにおいて、ミナモ運動地域推進リーダーとして表彰を受けられた、ぎふ清流国体あさひ協力隊の坂本好輝会長の、「全国より集う選手や関係者を温かくお迎えし、その力を十分に発揮して頂く」といったコメントも寄せられています。

 

 両大会の成功には、競技が行われる地元での盛り上がりが欠かせません!今後も御協力をよろしくお願いします。

 

高山市朝日町の地域おこし協力員が発行する「あさひの絆」

写真左:「あさひの絆」 

 

あさひ協力隊の坂本会長と、功績の書かれたボードを持つミナモ

写真右:一年前セレモニーでの坂本会長