ミナモ運動活動レポート

土岐市 1年前イベントを開催しました!【ミナモ運動】

8月27日(土曜日)に土岐市総合公園で開催された、ぎふ清流国体1年前イベントで、ウエイトリフティング競技のイベントが行われました。

 

イベントでは、ソウルオリンピック出場者で、土岐商業高等学校ウェイトリフティング部監督の小栗 和成(おぐり かずしげ)先生と、ぎふ清流国体の強化指定選手である、加藤雄介(かとう ゆうすけ)選手による、ウェイトリフティング競技のデモンストレーションが行われました。

 

デモンストレーション

 

また、お二人の指導のもと、ウェイトリフティング体験教室を開催し、バーベルを上げる加藤選手の迫力ある姿を見たり、実際に競技を体験することで、参加者の方は土岐市開催競技について理解を深めました。

 

体験教室の様子
 

また、参加者は全国から集まる選手・監督へ向けて、歓迎や応援メッセージをタペストリーに記入しました。

 

タペストリーに記入

 

参加者の温かいメッセージが込められたタペストリーは、今年11月に開催される「ぎふ清流国体ウェイトリフティングリハーサル大会」会場と、来年のぎふ清流国体、土岐市競技会場に飾られ、選手をお迎えします。

タペストリー

ミナモ 「ウェイトリフティング競技への理解が深まったね!是非、リハーサル大会、本大会でみんなが作ってくれたタペストリーを見に行こう!」