ミナモ運動活動レポート

岐阜総合学園高校書道部の皆さんが歓迎のぼり旗を作りました!【ミナモ運動】

 

 7月29日(金曜日)に岐阜総合学園高等学校による歓迎のぼり旗づくりが行われました。

 

この歓迎のぼり旗は、岐阜総合学園高校書道部の皆さんから、来年開催されるぎふ清流国体・ぎふ清流大会に向けて「書の分野で一役担いたい」という申出があり、全国から来県される選手を歓迎し、応援するため製作することになりました。

 

また、岐阜総合学園高校書道部発案のアイデアに、県内25校の書道部が賛同し、合わせて約700枚ののぼり旗を製作することになりました。

 

この日は、太陽の日差しが照りつける中、岐阜総合学園高校書道部の皆さん約30名が協力し、約124枚ののぼり旗を製作しました。

 

まずは、インクに水を混ぜ、筆で書きやすいように調整します。

 

インクを調整します

 

 みんなで選手に向けたメッセージを考えます。

 

メッセージを考えます。

 

 みんなの熱い思いを受けてミナモも応援します。

 

ミナモも応援!

 

いざ!書き始め!

 

いざ!書き始め!

 

一筆一筆力強く書いていきます。

 

力強く書きます。

 

一生懸命書きます。

 

完成まであと少し!

 

 皆さんから繰り出す言葉は、「龍馬魂で勝つぜよ高知県」「ちばりよ!沖縄県」など、高校生らしい瑞々しくアイデア豊かなメッセージです!

 

 この日は、知事が書道部の皆さんを激励に来てくださいました!

 

知事が見守る中一生懸命書きます!

 

知事からは「活気のある字ですね」と激励のお言葉を頂きました。

 

知事から激励のお言葉を頂きます。

 

 書道部部長の伊佐地梓(いさじ あずさ)さんは、「選手のみなさんにこののぼり旗を見てもらい、がんばろうと思ってもらったり、温かい気持ちになってくれたら嬉しい」と答えてくれました。

 

 最後にみんなで記念撮影!

 

記念撮影

 

 この歓迎のぼり旗づくりは、県内の各高等学校で順次取り組んで行きます。

 

ミナモ「高校生の皆さんが、ふるさとのためにアイデアを出し、協力してくれてミナモはとても嬉しいよ!」