ミナモ運動活動レポート

土岐市総合公園で花かざりの準備【ミナモ運動】

 ぎふ清流国体のソフトテニス競技・リハーサル大会の会場となる土岐市総合公園で、全国から訪れる選手・監督の皆さんを花で歓迎するため準備が進められています。

 6月8日水曜日に、この公園を管理する作業員の方が、マリーゴールドやニチニチソウなど約500株の両大会推奨花の苗を、プランターや選手の控所となる建物の前の花壇に植えました。

 7月30日に開催されるリハーサル大会まで、作業員の方が毎日水やりなどを行い大切に育てられます。プランターは、公園内の沿道や、テニスコート周辺を飾る予定とのこと。

 きれいな花で会場が華やかになるよう、ミナモも花かざり運動を応援しています。

 

土岐市総合公園花かざり

 プランターに苗を植え込みました

 

土岐市総合公園花かざり2 

    今は小さな苗だけど、大きくなあれ