ミナモ運動活動レポート

大垣市 市内宿泊施設でPRコーナーができました!【ミナモ運動】

 6月1日(水曜日)より、選手や監督が宿泊する大垣市内の7つの施設で、ぎふ清流国体・ぎふ清流大会、リハーサル大会をPRし、選手らをお迎えするのぼり旗などの設置が始まりました!

 

 宿泊施設の一つである大垣フォーラムホテルさんでは、全国から来県される選手や監督をはじめ、多くの方々をあたたかくお迎えしたいという思いから、のぼり旗やポスターの設置に加え、宿泊施設では県内初の取り組みとしてミナモグッズ等の販売を始めています。

 

大垣フォーラムホテルさんのPRコーナー

 

 大垣フォーラムホテルさんに設置されたPRコーナーでは、ミナモがデザインされたピンバッジやファイルなどの文房具や携帯ストラップなど、大垣市ならではのミナモグッズを取り扱っています。

 

 いろんなグッズがずらり

 

 「夏に向けて、タオルなどの商品も充実させたい。今後は定期的に商品を入れ替え、もっとたくさんの商品を販売し、両大会をPRしていく予定です。」と説明する従業員の太田さんの制服にはミナモのピンバッジがキラリ!

 

ピンバッジがキラリ!

 

 こちらも県内の宿泊施設では始めての取り組みとして、大垣フォーラムホテルの全従業員の方々が、ミナモのピンバッジをつけて宿泊客らをあたたかくおもてなししています。

 

 その他にも、ホテルのフロントには両大会PR用のあめを入れた大垣市特産品の木升を設置。先日6月5日(日曜日)に開催された柔道競技リハーサル大会のために宿泊した選手やその他宿泊客から大変好評でした。

 

特産品の木升にあめを入れお迎えします

 

 大垣フォーラムホテルさんでは、今後も両大会や大垣市をPRし、選手をお迎えする取り組みを進めていきます。

 

ミナモ「みんなのおもてなしが選手の励みになるから嬉しいね!あたたかくお迎えをしてくれてありがとう!これからも両大会をみんなで盛り上げて行こう!」