ミナモ運動活動レポート

大垣市立小野小学校でプランターに花を植えました!【ミナモ運動】

 5月12日木曜日にミナモ運動の一つである「まちをきれいにし、花でかざる」運動の一環として、大垣市立小野(この)小学校のみなさんと一緒にプランターに花を植えました。

 

 この日は、花だん委員のみなさん19人が集まり、かわいいニチニチソウやマリーゴールドの苗をプランターに植えました。

 

 重い土をみんなで「よいしょ!」「いっせーのーで!」と掛け声をかけて持ち上げ、プランターの中に入れます。

 土を入れます
  土を入れたところで、ヨーロピアンマリーゴールドの苗を植えます。
 ミナモもお手伝い

 ミナモもみんなと協力して苗を渡します。

 プランターに入れた苗の根本に土を被せ、土をならして完成です!
 プランターが完成!
 ミナモ『ヨーロピアンマリーゴールドの黄色が鮮やかで綺麗だね!街中が花でいっぱいになると素敵だね!』
  出来上がったプランターの横に、「水の都 大垣へようこそ」「みんな最後までやりきろう」など、応援や歓迎のメッセージを書いたシールを貼ります。
 シールを貼ります
 ミナモ『選手や、来県者など、一人でも多くの人に、このメッセージが届くといいね!』
 最後に花だん委員のみなさんと一緒に記念撮影をしました。
 記念撮影
  みんなで作ったプランターは来月6月5日(日曜日)に大垣市総合体育館で開催される柔道リハーサル大会「第23回マルちゃん杯中部少年柔道大会」で会場を飾り、リハーサル大会までは小野小学校で大切に育ててもらいます。
ミナモ『一緒に花を植えてくれてありがとう!これからも大切にお花を育ててね!』