ミナモ運動活動レポート

ミナモの山車が完成しました【ミナモ運動】

 白川町黒川の東黒川自治協議会の皆さんが、ミナモをモチーフにした大きな「ミナモ」山車を制作しました。

 全長3.3mの大きなミナモ。両目がパチクリ開閉し、首は左右に動きます。また手にはエアーが放出される炬火を持つミナモは今にも走り出しそうです。

ミナモ山車

 このミナモ山車は、4月17日(日曜日)に白川町黒川で開催された佐久良田神社(さくらだじんじゃ)で開催された祭典でお披露目されました。

 お祭り当日は、花車に挟まれたミナモ山車とミナモが行列に参加し、お祭りを盛り上げました。

 

山車お披露目の祭りの様子です

 毎年このお祭りで披露される山車は、例年その年の干支などで制作されますが、今年はぎふ清流国体・ぎふ清流大会をPRするため、ミナモをモチーフにして制作したそうです。

 

ミナモ「こうして地元の方々が、両大会を盛り上げようと取り組んでくださることを、ミナモはとても嬉しく思います。」

 

 ミナモ山車がこれからも白川町のシンボルとして活躍してくれることを願っています。