ミナモ運動活動レポート

山県市 ミナモコンサートが開催されました!【ミナモ運動】

  ぎふ清流国体馬術競技が開催される山県市で、2月16日水曜日にアンサンブルユニット「wing」による「ミナモコンサート」が開催されました。

 

 会場の大桑公民館には、大桑小学校全校児童と地域住民の方約100人が集まり、いよいよコンサート開始です。

 

 はじめにディズニーエレクトリカルパレードテーマ曲『バロックホーダウン』で子ども達をはじめ会場の方を引き込むと、続いてモンティ作曲 『チャールダーシュ』。これはフィギュアスケートの浅田真央選手が演技に使用したことでも有名な曲です。 ヴァイオリニストの濱島さんは、この曲をまるでフィギュアスケートのスピンのようにくるくると回転しながら演奏し、会場を驚かせました。

 

 いよいよ、「wing」作曲ぎふ清流国体馬術競技テーマ曲『Jump!』のお披露目です。

 馬術競技の映像が流れる中、演奏が行われました。

 馬が軽やかに疾走するイメージにぴったりの曲で会場のみなさんはすっかり聴き入っていました。
 

 国体に向けての気持ちが盛り上がってきたところでミナモが登場し、ぎふ清流国体・ぎふ清流大会ソング『はばたけ、未来へ』の演奏に合わせて会場のみなさんで合唱を行いました。
 
 コンサート後には、大桑小学校児童からお礼の挨拶とぬいぐるみの贈呈が行われ、記念撮影を行いました。

 

 「wing」のみなさんは、「今後、県内外を問わず『Jump!』を演奏し、ぎふ清流国体や馬術競技のPRを積極的に行っていきたい。」「この曲とともに国体へ向けて気運が盛り上がり、子ども達やみなさんが元気になってくれることを願っています。」と語ってくれました。

 

 ミナモは、会場にあふれたみんなの笑顔をとても嬉しく思いました。そして、『Jump!』とともに国体への気運が高まってくれることを願いました。

 

 

山県市ミナモコンサートの様子1

『Jump!』演奏の様子 

  

山県市ミナモコンサートの様子2

ミナモと 一緒に『はばたけ、未来へ』 

 

山県市ミナモコンサートの様子3

 大桑小学校児童より

ぬいぐるみを贈呈

 

山県市ミナモコンサート集合写真

会場のみなさんと記念撮影