ミナモ運動活動レポート

下呂市 「南飛騨まぜ・秋のふるさとまつり」でミナモ体操【ミナモ運動】

 下呂市では、今春ダンシングチームが結成され、イベントでのダンス披露や出前教室の実施などで活躍されています。

 

 この日の活動は、11月7日に下呂市馬瀬名丸地区で開かれた「南飛騨まぜ・秋のふるさとまつり」での体操指導とダンス披露です。

 会場は、農産物の展示・即売のほか、郷土色豊かな馬瀬の味覚も味わえるバザーなど色々な催しが行われ、紅葉狩りに訪れた観光客の方も含め2000人が訪れ、大賑わいでした。

 

 同まつりでは、12人1組で跳んだ回数を競う「大縄とび大会」が行われ、その準備体操として、下呂市ミナモダンシングチームの指導のもと、縄跳びの前の選手達に「ミナモ体操」を体験していただきました。

 

 また、併せて「ミナモダンス」を披露し、参加者のみなさんと一緒にぎふ清流国体の開催気運を盛り上げました。

 

 ミナモは、ミナモダンス・ミナモ体操リーダーとなられた方が、地域でミナモダンス・ミナモ体操を広めてくれていることをとてもうれしく思いました。

 

 下呂市ダンシングチームのミナモ体操1

 

下呂市のみなさんのミナモ体操1

 

下呂市のみなさんのミナモ体操2

ミナモ体操の様子

なわとびの様子

大縄とび大会の様子