ミナモ運動活動レポート

関市 学生ボランティアが国体PRやミナモダンスで活躍しました!【ミナモ運動】

 10月9日 土曜日、10日 日曜日に、刃物のまち関市の一大イベントである『第43回刃物まつり』で、中部学院大学、岐阜医療科学大学の学生ボランティアのみなさんが、ぎふ清流国体・ぎふ清流大会のPRやミナモダンスで活躍しました。

 

 このまつりは、約50社の刃物業者が出店する「刃物大廉売市」などを目当てに、毎年県内外から多くの人が訪れにぎわいます。

 

 ぎふ清流国体・ぎふ清流大会のPRブース内には、引っ張ると突然ミナモに色が着くように見える仕掛けのついた「びっくりミナモ」制作コーナーが設けられ、親子連れを中心に両日で350名が参加しました。

 学生ボランティアの皆さんは、子ども達に作り方を丁寧に教えていました。

 

 また、ミナモと、関のマスコットキャラクター"はもみん"などが登場し、ミナモダンスや記念写真、握手会を行い大変な盛り上がりをみせました。

 

 ミナモは、学生ボランティアさんの活躍をとてもうれしく思いました。

  関青年ボランティア活躍の様子

「びっくりミナモ」製作コーナーの様子

びっくりミナモ

「びっくりミナモ」

引っ張るとミナモに色があらわれます!

 

関青年ボランティアのミナモダンスとミナモとはもみん

ダンスで盛り上がります