ミナモ運動活動レポート

県立ひまわりの丘第三学園でのミナモダンス【ミナモ運動】

 県立ひまわりの丘第三学園(関市)では、朝・夕の時間を利用して、ミナモダンスを楽しんでいます。

 

 もともと、施設での活動前の時間にはラジオ体操などで体を動かしていたところ、施設にミナモがやってきたのを機に、ミナモダンスに取り組むようになったそうです。
 職員のみなさんは、「ミナモダンス・ミナモ体操リーダー養成講習会」に参加し(複数回に出席の方も!)、利用者のみなさんは、それぞれできる範囲でミナモダンスを覚えています。また、施設の中で「はばたけ、未来へ」が放送される機会も多いようです。
 8月27日(金)には、施設内の食堂を使って、約30名の利用者と職員が一緒にミナモダンスを楽しんでいらっしゃいました。利用者の中には、「ハイ!、ハイ!」などの掛け声だけでなく、歌いながら踊っている方もいて、施設の中で「はばたけ、未来へ」とミナモダンスがとても浸透している様子が伺えました(勿論、ミナモも大人気!)。
 ぎふ清流国体・ぎふ清流大会開催を契機に、ちょっと激しい動きもあるダンスに取り組んでもらえてミナモも感激です。

 

 いろいろな方がいろいろな場所で、いろいろな形で両大会に関わって、県民みんなで盛り上げていきましょう。

 8月27日の、県立ひまわりの丘第三学園におけるミナモダンスの様子

利用者も職員も踊ります! 

 

県立ひまわりの丘第三学園でのミナモダンスの様子(エンディングのハイタッチ)

エンディングではハイタッチ!!