ミナモ運動活動レポート

関市 「スナッグゴルフ教室」を開催しました!【ミナモ運動】

 ぎふ清流国体のゴルフ、ラグビーフットボール、剣道、ライフル射撃(CP)競技と、ぎふ清流大会のアーチェリー、フライングディスク競技が開催される関市で、ゴルフ競技のスポーツ人口増加、国体・大会及びスポーツへの関心を高めることを目的に、スナッグゴルフ教室が開催されました。

(主催:ぎふ清流国体・ぎふ清流大会関市実行委員会 協力:(社)日本プロゴルフ協会、岐阜県ゴルフ連盟、関市ゴルフ協会)。

 

 スナッグゴルフは、ゴルフの基本技術を習得するためのスポーツで、プラスチック製の大きなヘッドのクラブと硬式テニスボールより一回り小さいボールを使います。

 スナッグ(SNAG)とは、「Starting New At Golf(ゴルフを始めるために)」の頭文字をとったものと、「くっつく」という2つの意味があるのだそうです。

 

 7月31日 土曜日、中池公園陸上競技場で開かれたこの教室には、市内の小学4~6年生49人が参加し、プロゴルファーなど7人が指導にあたりました。

 大変暑い日でしたが、参加した子どもたちは元気いっぱいにスナッグゴルフを楽しみ、中にはホールインワンを出した児童もいて「本当のゴルフをやってみたい」と、ゴルフに高い関心を示していました。
 
  今回の参加者を対象に、8月22日には市内ゴルフ練習場で本物のゴルフボールとクラブを使った練習場ゴルフ教室、8月28日、29日(※どちらか1日に参加)には市内ゴルフ場で実際にコースに出てゴルフ競技の体験が行われる予定です。

 ゴルフを楽しみ健康な体をつくるみんなを、ミナモは応援しています。ゴルフのことを勉強して、国体開催時にゴルフ競技を応援しようね!

  

 関市ゴルフ教室の様子その1

 

関市ゴルフ教室の様子その2

スナッグゴルフ教室の様子