ミナモ運動活動レポート

山県市 「やまがたしミナモキッズ2010」練習会がはじまりました!【ミナモ運動】

 ぎふ清流国体の馬術、バレーボール、ぎふ清流大会のバレーボール競技が行われる山県市では、両大会を盛り上げる「やまがたしミナモキッズ2010」を募集、練習会がはじまっています。練習会は3つのステップに分かれていて、すべてのステップに参加し、合格するとミナモキッズに認定されます。8月28日 土曜日には山県市文化の里 花咲きホールにてミナモダンス発表会が開催されるとのことです。

 

 今回は、伊自良中央公民館で開催されたステップ1「おぼえよう!たのしくおどろう!」におじゃましました。参加者は36人、この中には7月21日に高富会場でステップ1を練習したけれど、繰り返し練習したいと今回の伊自良会場に参加した熱心な子もいました。
 練習会に来たら、がんばりカードを受付に出して、ミナモのハンコを押してもらいます。練習会のない日でもおうちで練習するとおうちの人が印をしてくれるので、かわいいシールやハンコで印がしてある子もいて、たくさん練習していることが分かります。

 

 さて、練習会が始まりました。最初に国体・大会ソング「はばたけ、未来へ」の紹介があり、みんなで歌います。みんなもうすっかり歌を覚えていて、会場の雰囲気が盛り上がります。
 その後、ミナモの説明や名前の意味を教えてもらいました。水面(みなも)は難しい言葉でしたが、プールの水面がキラキラするよ、というお話に子どもたちは納得し、顔を輝かせました。その後、体操やダンスの練習へ入りました。小学校や保育園で踊ったことのある子が多く、動きのポイントを教わるとすぐにコツをつかんでいきました。会場は、踊ることを楽しむワクワク感がひろがり、子どもたちだけでなく、保護者のみなさんもダンスに参加し、楽しい雰囲気の練習会となりました。

 

 「やまがたしミナモキッズ2010」は、全日本女子バレーボールチーム紅白戦や、ふるさと栗まつりなどで演技披露するほか、ミナモ体操・ダンスのリーダーとして活動するとのこと。ミナモは、みんながどんどん活躍して、ミナモ体操・ダンスの輪が広がっていくことを願っています。

練習会の様子その1

 

練習会の様子その2

元気いっぱいですね!

 

練習会に参加するとミナモのハンコをもらえます 

参加するとハンコをおしてもらいます。

 

手作りのミナモのハンコの写真

ハンコは手作りです!