ミナモ運動活動レポート

大垣市 市民と「大垣ミナモソフトボールクラブ」メンバーが一緒に清掃活動【ミナモ運動】

7月19日 月曜日午前7時から、ぎふ清流国体のソフトボール成年女子の競技会場となる、大垣市浅中公園総合グラウンドの清掃活動が行われました。

 

この清掃活動は、ぎふ清流国体のソフトボール成年女子での優勝を目指し、今年2月に結成され、同グラウンドを練習拠点にしている「大垣ミナモソフトボールクラブ」と大垣市が地元の2つの自治会に呼びかけ実施されたものです。

 

当日は休日の早朝にもかかわらず、地元の自治会から40名、同クラブから17名、市関係者が10名と多くのみなさんが参加し、公園内を一斉に清掃しました。参加した地元の方からは「選手と一緒にゴミを拾い、一層、親しみがわいた。」「国体のときには、ぜひ応援したくなった。」との声が聞かれました。

 

同クラブは今月3、4日に静岡県で行われた第62回全日本総合女子ソフトボール選手権東海地区予選会で準優勝し、9月18日から山口県下関市で行われる全国大会に出場を決めました。

 

これからもみんなで応援しましょう!

 

 

 

清掃活動の様子その1

 

 

清掃活動の様子その2