ミナモ運動活動レポート

保育園児と小学生との交流会で折り紙ユニフォームづくり(大垣市)

 6月28日月曜日、大垣市の浅草ひかり保育園で、同じく大垣市の江東小学校6年生との交流会が行われました。
 この交流会には浅草ひかり保育園の5歳児約40名と江東小学校6年3組の児童約40名が参加し、ぎふ清流国体に向けて結成した「大垣ミナモソフトボールクラブ」を応援するため、折り紙応援ユニフォームをつくりました。
みんなでミナモダンス まずはみんなでミナモダンス。
小学生のみんなと園児のみんな、どちらもミナモダンスが上手なのでびっくり!
園内での遊び 続いて、小学生と園児がいっしょに園内で遊んで交流を深めました。
ブランコを押してもらったり、なわ跳びを教えてもらったりして、すっかり仲良しになりました。
折り紙応援ユニフォームづくり 教室に入って、いっしょに折り紙応援ユニフォームづくり。小学生のお兄さんやお姉さんにやさしく教えてもらって、一所懸命つくりました。
折り紙応援ユニフォーム これが、折り紙応援ユニフォーム!
これを1000着つくって、応援メッセージ短冊をつけて、大垣ミナモソフトボールクラブのみなさんにプレゼントする予定です。