ミナモ運動活動レポート

手づくりのミナモ帽子を身につけ、園児らがミナモダンスでエンジョイ!                〜いびがわ健康福祉フェア2010〜

 揖斐川町で、体験・展示を通じて健康と福祉に親しむ同フェア(主催:いびがわ健康福祉フェア実行委員会)が、5月23日に開催されました。当日は、あいにくの雨模様でしたが、およそ3,600人が会場を訪れ大いに盛り上がりました。

 なかでも会場を華やかにしたのが、地元の園児の皆さんによるミナモダンスでした(写真上下)。

 

 ダンスを披露したのは、町立やまと幼児園と町立きよみず幼児園の5歳児の子どもたち。ミナモをあしらった手づくりの帽子や黄色のTシャツを身につけて登場した園児らが、国体・大会ソング「はばたけ、未来へ」に合わせてテンポよく、可愛らしく踊る姿に、ステージ前の300人を超える来場者の皆さんも見入っていました。応援にかけつけたミナモももちろん一緒に踊りました。

 

 また、会場全体でも楽しもうと、インストラクターの指導のもと、ミナモ体操で体をほぐし、締めくくりにミナモダンスを会場内の全員で踊りました。

 

 健康増進の一環として、子どもから高齢の方まで、揖斐川町民の皆さんでミナモダンスを楽しんだ一日となりました。

 

ミナモダンスをしている様子その1

 

ミナモダンスをしている様子その2