ミナモ運動活動レポート

タイヤプランターに国体・大会推奨花を花植え 〜大垣市〜

 大垣市国体推進室では、花かざり運動を市民の皆さんに広めるために、まずは自分たちでという思いから栽培を始めています。

 

 4月中旬に種蒔きした推奨花のマリーゴールドとサルビアが順調に育っています(写真参照)。

 

 この苗が植えられている器、珍しい形をしていますが、実は、使用されなくなった古いタイヤで作ったそうです。「植え込み口の形が丸いという特長を活かしたり、段の上に配置するなど立体的かつシンボル的な花かざりに使いたい」とお話しされていました。

 

 このタイヤプランターを使った花づくりは、同室が事務所を置く大垣市民会館の中庭で行われています。ニチニチソウやインパチェンスといった推奨花も順次種を蒔き、種類も増えました。綺麗な花が咲くようにと、ミナモも応援しています。 

タイヤプランターで花植えその1

 マリーゴールドの苗

 

タイヤプランターで花植えその2

マリーゴールドとサルビアが植えられた

タイヤプランター