ミナモ運動活動レポート

大垣市綾里小学校 親子で楽しく踊るミナモダンス!

  綾里小学校では、今年1月よりAKD『綾(Ayasato)っ子(Kids)ダンシングチーム(Dancing)』を結成し、ミナモダンスに取り組んでいます。

 

 まず、新6年生のリーダーがDVDを見て、毎日特訓。その後、1年生から6年生までの縦わりグループで、大きい子から小さい子へ教えあい、全学年が踊れるようになりました。 

 その後、4月になってみんな進級し、新しい1年生も加え、AKD185となり、毎日「中休みの時間」に全校児童185人と職員みんなで運動場に出て「ミナモダンス」を楽しく踊っているとのことです。

 

 そして、新学期になって初めての授業参観(4月27日)では、ミナモに来てもらい、保護者の皆さんにもミナモダンスを教えて一緒に踊りました。体育館いっぱいに広がって熱気むんむんの中、いつも以上に盛り上がることができました。

 授業参観の後、子どもたちの、「ミナモが来てくれて感激です。みんなもいつも以上に真剣にそして楽しく踊ることができました。」という声、保護者の皆さんの「子どもたちが一生懸命踊っている姿に感動しました。子どもたちとミナモ・ダンシングチームのお姉さんたちそして先生方が一体となって盛り上がり、会場が一つになって楽しめました。」という声、そして、職員の皆さんの「ダンスのポーズに手話が入っていたり、動きの細かな部分まで教えていただいてとてもわかりやすかったです。」という声などたくさんのうれしい声を聞くことができたそうです。

 

 これからも、ミナモダンスの取り組みを続け、AKD185のみなさん、保護者のみなさん、職員の皆さん、みんなで両大会に向けて、ミナモ運動を盛り上げていってくださいね。
 

ミナモダンスをしている様子その1

「中休みの時間」にみんなで踊っています!

 

ミナモダンスをしている様子その2

ミナモと一緒にダンス!

 

ミナモダンスをしている様子その3

参観日にミナモダンスを踊りました。