ミナモ運動活動レポート

凛心会吹奏楽団INTERNATIONALが「はばたけ、未来へ」ダンスバージョンを演奏!

2月28日 日曜日、瑞穂市総合センターのサンシャインホールで開催された凛心会吹奏楽団INTERNATIONALの演奏会で「はばたけ、未来へ」のダンスバージョンが演奏されました。

 

凛心会吹奏楽団は、1995年に県立岐阜商業高校の吹奏楽部OBを中心に結成。

岐阜県吹奏楽コンクールで金賞を受賞したり、アメリカ公演を行うなど、県を代表する市民吹奏楽団として活躍していましたが、このたび、8年振りの演奏会を行うにあたり、凛心会吹奏楽団INTERNATIONALとして甦ったんだそうです。

 

今回の演奏会では、「はばたけ、未来へ」はサプライズ企画として使っていただけました。

アンコールのタイミングでステージに登場したのは、なんとミナモ!

続いて、編曲を担当した内藤友樹さんと楽団メンバーがステージにあがると、アップテンポなイントロが聴こえ、「はばたけ、未来へ」ダンスバージョンの演奏の始まりです。

想定外の展開に来場者は大喜び。内藤さんの熱唱と楽団メンバー、ミナモのダンス、そして楽団の素晴らしい演奏に会場は大いに盛り上がりました。

 

今回、ダンスバージョンの吹奏楽に初めて挑戦していただいた凛心会吹奏楽団INTERNATIONALのみなさん、ありがとうございました!

これからも「はばたけ、未来へ」といっしょに世界にはばたいてくださいね!

 

 

<<前の記事へ 次の記事へ>>

凛心会吹奏楽団の演奏

 

凛心会吹奏楽団の演奏