ミナモ運動活動レポート

華陽フロンティア高校文化祭でミナモダンス!

以前このコーナーでミナモダンス・ミナモ体操出前教室の様子をご紹介した華陽フロンティア高校3年D組のみなさんが、11月20日 金曜日の文化祭でいよいよ本番を迎えると聞き、取材におじゃましました。

 

3年D組で「ミナモダンスをやってみよう」と提案してくれたのは近藤香織さんでした。  
香織さんはダンススタジオで練習に励んでいる大のダンス好きで、8月28日の開催決定記念総決起大会にはミナモキッズとして出演してくれていたんです。ミナモダンスは、ふだん踊っているヒップホップダンスとは少し勝手が違いますが、踊ってみるととても楽しく、開催決定記念総決起大会の会場で300人のミナモキッズといっしょに踊ったことはとてもいい思い出になったと語ってくれました。
そんな香織さんは、文化祭のクラス企画がダンスに決まったとき、高校生が楽しくマスターできるダンスとしてミナモダンスを思い出し、提案してくれました。

それから1カ月半の間、クラスのみんなと猛練習。始業前や放課後の時間をフルに使ってミナモダンスを含む4つのダンスを練習しました。出前教室も活用して準備万端です。

 

そして迎えた文化祭当日。3年D組はステージ発表のトップバッターです。
人気グループのアップテンポな曲でスタートしたステージはとてもエネルギッシュ。これまでの練習の成果を存分に発揮しました。音響、照明もばっちり決まり、みんなのパワーが客席にとてもよく伝わってきました。
そして最後のミナモダンスにはスペシャルゲストとしてミナモが登場。意外なゲストの登場に会場は大いに盛り上がりました。

 

本番終了後、「みんなでがんばってよかった」「一生の思い出になった」と語ってくれた3年D組のみなさん。
ミナモダンスについても「すごく楽しいのでぜひやってみて!」と高校生のみんなにおすすめのコメントをもらいました。

 

今回の取材では、華陽フロンティア高校のみなさんの一所懸命に取り組む姿と笑顔がとても感動的でした。
これからもたくさんの方々にミナモダンスを楽しんでもらえるよう、ミナモもがんばっていきますので、いろんなところに呼んでくださいね。

 

 

<<前の記事へ 次の記事へ>>

8月28日総決起大会の様子

香織さんが出演した開催総決起大会でのミナモダンス発表。

 

ミナモダンスの練習の様子

練習風景。ダンス・体操出前教室も活用してくれました。

 

華陽フロンティア高文化祭

ステージ開始。音響、照明もきまってカッコいい!

 

華陽フロンティア高文化祭

ミナモも登場してボルテージは最高潮!